あてなるもの

大人京都人視点日々色々

見えない送り火

続く長雨の中、今年の送り火が終わった。

一昨日の16日は19時過ぎから、鳥居形エリアでは、雨が降っていた。

『点火するの?』と心配しながら、ベランダと部屋のテレビ中継を交互にながめる。

今年も鳥居は"二点点火"とのこと。

去年はマンションから見えたので、今年も大丈夫と思っていた。

『まだなん?』『もうなん??』どっちなん?!

テレビとベランダを行ったり来たり。

雨のせいか?雲のせい?、それとも点火位置?

結局、今年は炎は全く見えなかった。

テレビで確認しただけで、お山に向かって手を合わす…気持ちの上でも不完全燃焼だった。

 

見えない送り火

コロナの出口が見えないと、送り火も元通りにはならない。

来年こそは!明るく炎が灯る中、お精霊さんをしっかり送りたい。

今年も京都の夏が終わろうとしている。