あてなるもの

大人京都人視点日々色々

お正月を飛び越えて

2023年、卯年の元旦。

入院中の叔父が亡くなった。

年末に『もしかしたら危ないかも』という知らせもあったが…家族全員、なぜかお正月に亡くなることはないと思っていた。

例年私は元旦の朝には、初詣に出掛ける。

朝に寝坊することはないのに…今年はなぜか起きられず、完全に出遅れた。

慌てて身支度をしていたその時に、訃報を知らせる電話が鳴った。

音楽好きの陽気な叔父は、冗談が上手かった。

『えー!!』と言いたくなるような出来事をシレッと真顔で語るものだから、子供の頃の私はよくその冗談に引っかかった。

元旦の訃報は、まさに叔父に担がれてるような出来事だった。悲しさよりも、むしろ緊張と焦りのような感情が溢れた。元旦・弔事という超難関にかなり慌てたものの、4日には叔父の葬儀を終えた。

私は仕事の都合で参列できなかったが…親戚達は、みんな『冗談好きで、寂しがり屋のおじさんらしい!』と、お正月に逝ってしまったことに納得していたという。

悲しいけど、ちょっと苦笑い?!みんなをそんな気持ちにさせたことが、やっぱり私も叔父らしいと思った。

 

元旦にも、人は亡くなる。

新年を迎えられる幸せ、真っさらな年をどんな風に生きていくか?

叔父が出した宿題のような気がした。