あてなるもの

大人京都人視点日々色々

船岡温泉

マンションの管理会社のご配慮で、      排水管の大掃除がうちだけ前倒しになった。

やれやれと、翌日は母と鞍馬口通りにある

【船岡温泉】に出掛けた。

温泉と名がつくが、京都では老舗の趣ある銭湯。京都人は元より、観光客・銭湯通など、 みんなに愛されている。

夜10時半、母とタクシーに乗って向かった。

タクシーの運転手さんに『船岡温泉まで』と

告げるだけで、細かな道の説明はいらない。

ピークの時間は過ぎたようで、女湯はガラガラ。脱衣所に入り、脱衣籠を出す。

ここには、昔懐かしい銭湯のお道具やお作法が今も残っている。

f:id:suwaporin2:20201019220004j:imagef:id:suwaporin2:20201019220025j:imagef:id:suwaporin2:20201019220054j:imagef:id:suwaporin2:20201019220110j:image

久々にかわいいタイルと見事な欄間を眺めていると、なんだか視線を感じる。

母は脱衣所の椅子に座っているし…後ろを振り返ってみると、優しそうなおばあちゃま。

お風呂上がりで、お着替え中。

会釈して前を向こうとすると…

『おねえちゃん、かいらしいね〜。大学生?』

と話しかけられて、びっくりした!!

え?誰?私?! 嘘〜。でも私しか居ない。

『え、、、いや、あの50歳過ぎてます』と

モゴモゴしながら、答える私。

『そうなん?!かいらしなぁ〜。おばあちゃんは、83やで〜』

なぜだか?おばあちゃまは、まるで小さな子供でも見るように、目を細めて嬉しそう。

横で聞いていた母も笑いながら会話に加わる。

おばあちゃまはニコニコされ、三人で楽しくお喋りをした。寒い夜だからか、下履きを何枚も重ねながらお着替えを完了されると、何回も手を振って帰られた。

大学生に見えた事・かわいいと言われたのは、髪型のせいやろねぇ〜と、母と確認し合った。

実はこの夏、私はカリカリに痩せて貧相に見えるため、髪型をマッシュルームに変えていた。手入れも楽で、カジュアルからモードまで色々なスタイルにもしっくりくる。

イメチェンはなかなか好評だったが、30歳も若く見られるとは…マッシュ恐るべし!!

パタゴニアのボアのアウターとデニムの組み合わせも若く見えたのだろう。

湯冷め防止には、パタゴニアは欠かせない。

銭湯ならではのコミュニケーションを楽しみ、

母の背中を流してプチ孝行。

とても良い夜になった。

帰り際、外に出ると、金木犀の香りがした。

船岡温泉の門の両側の植え込みからだ。

小学生の頃、金木犀の花びらを集めて帰った事を急に思い出した。ちり紙に包んだ金木犀を、自慢げによく母に見せたものだった。

 

レトロでホッと…

船岡温泉の薬効とは " 心の芯も温める "

こんな出来事なのかもしれない。

 

f:id:suwaporin2:20201020181816j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都タワー大浴場

遠距離通勤が始まって、この秋で丸2年。

難波の職場を出る時、自宅に電話をするのが

日課になっている。

帰り道での買物がないか?

何か変わった事は無かったか?

駅に向かう小走りの中、母に電話をする。

この日、電話口の母からは

『浴室の排水管の流れが悪くなっている』  という、残念情報。

新築で入居したマンションも20年経ち不具合が出てきたよう…うちだけでなく・マンション全体の排水管の点検が必要との事だった。

京都に向かう電車の中で少し考え、お風呂に 入って帰る事にした。

思い出したのが、【京都タワー大浴場】

昔、職場のおじさん達から聞いた事があった。

文字通り、京都タワーのビル地下にある   大浴場だ。

京都駅地下街:ポルタの無印良品で入浴グッズを買い、タワーへ向かった。

地下3階、階段をどんどん降りて行くと…

理髪店の横に、券売機発見!

f:id:suwaporin2:20201017193410j:imagef:id:suwaporin2:20201017193431j:imagef:id:suwaporin2:20201017193449j:image

入口は、こじんまり。

f:id:suwaporin2:20201017193716j:image

スーパー銭湯的な要素は無く・住宅街の銭湯風。会社帰りのOLさん、学生さん?など   若いお客さんが目に付いた。

お風呂場に入ると、空いていた。

駅前の大浴場。他府県の方からすると、別に珍しくもないかもしれないが…

『子供の頃から見ていた京都タワーの下で、  お風呂に入る』

私からすると、なんとも不思議な組み合わせ。

夢の中に出てくるような、非日常感?!

大きな湯船で温まりながら、ちょっと面白く なった。

 

良いお湯だったと、ポカポカ気分で帰りの階段を上ると…どこからとも無く、焼肉の香り。

近所の雑居ビルから、おいで〜おいで〜と

言わんばかりに漂ってくる。

都会のオアシス?

おじパラ?(おじさんのパラダイス)

アフター銭湯の楽しみも満載!

京都タワー大浴場の世界は奥深いようだ。

 

思いがけない展開だけど…

こんな一日の締め括りも悪くないか!と、  元気が出た。

明日のお風呂は、どうなるのか?

バスに揺られながら、少しのワクワクと困惑で、居眠りをした。

 

f:id:suwaporin2:20201017204707j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋が来た!

十五夜のきれいなお月様を見た日から

一気に冷えて、秋が来た!

空気は澄んで、空には秋雲。

盆地を取り囲む山の稜線も冴えている。

 

日曜の朝。駅のホームで『お坊様』に遭遇。

土曜や日曜の朝7時頃、お経を唱え托鉢の

お坊様に出会ったりする。

春夏秋冬、よくある出来事だが…個人的には

秋にお坊様ご一行に会うと、心穏やかになる。渋めの衣の色が、紅葉にも映えて他の季節にはない趣を感じたりする。

秋という季節が、深く静かに物思いにふけさせるのだろうか。

GOTOキャンペーンの影響で、京都の街も

少しずつ賑やかさが戻ってきた。

名所名跡は、やっぱり混雑覚悟?!

楓など雅な紅葉を観たければ、ガイド本通り

に巡るべきかもしれないが…私のおすすめは、

『秋も桜の木を目当てに巡るべし!』だ。

赤・黄・オレンジ・茶、桜の木の紅葉は豊かな

色に満ちている。里の秋を存分に感じられる。

京都駅直ぐなら、東本願寺前。

北なら植物園から歩いて、御薗橋〜丸太町の  賀茂川べり。

周りの山の景色も一緒に楽しめる。

出町の【ふたば】さんで、豆餅と栗餅を手に入れて、川辺のベンチで頂くのもいい。

満月の日を狙って、夜歩きも、また一興。

 

GOTOトラベラー様

今年の京都の秋は、静かに・密やかに

暮らすような感覚で、" 小さい秋 "を

見つけてみては、いかがでしょうか?

 

f:id:suwaporin2:20201006210209j:image

 

 

 

 

祖母の面影

敬老の日

はてなブログ今週のお題

「おじいちゃん・おばあちゃん」

私の祖母…母の母は、【オノ・ヨーコさん】によく似ていた!

顔形が似ていただけでなく、祖母の発想も  なかなか革新的だった。

私はいくつかの転職をしているが…最初の転職先に移ってしばらく経った頃、祖母から電話が掛かってきた。

『もう、あんた、ぼすにはおなりか?』

『え?おばあちゃん、何て??』

 ボスニハオナリカ?!

『いや、そやさかい、ぼすにはおなりか?』

電話口でこんなやり取りを二度ほど繰り返し、

やっとわかった! BOSSのボスか!!

祖母は、私が転職先で、ボスになったのか?

と聞いてきたのだ。

祖母は時々私が知らない昔の京都言葉を使う事があり、今は使われなくなった言い回しやイントネーションを調べに、言語学者の先生が訪ねて来られた事もあった。

まさか祖母の口からBOSSが出てくるとは思わず・昔言葉の類いかと思っていたので、大笑い した!!

祖母の頭は柔らかく、" 良いもの " を取り入れるのが好きな人だった。

90年代。祖母は、留守番電話の名人になった。

帰宅すると、自宅の留守番電話には祖母からのメッセージが。まるでそこに聞き手がいるかのような絶妙な間合いで、祖母の優しい語らいが 吹き込まれていた。きっと今なら、スマホを使い熟したに違いない!

後年長く入院生活をしていたが、祖母の好奇心は衰えなかった。当時私は忙しく、出勤前にしかお見舞いに行けず・何もしてあげられなかった。せめて良いもの好きの祖母の気が晴れればと、楽しい服装で病室を訪ねた。

襟の高さが10センチ程ある、アレキサンダー・マックイーンのワイシャツ。

ちょっと宇宙的?保冷バックに似たシルバー 素材のボックススカート。

つい、柄を目で追いたくなる、       エミリオ・プッチのスカート。

『いや〜〜!粋な!』『なんときれいな!』と、祖母は手を伸ばし布地を確かめたりした。

病院には不謹慎な派手な服装かと思ったが…    意外にも病棟の方々にも大ウケ、祖母はとても喜んでくれた。

祖母のおしゃれ魂が衰えていない事に、   私も元気を貰った。

 

あれから時が経ち、母の老いは祖母の姿を思わせてくれる。

母は祖母に近づき、私は当時の母の年齢になっている。

日常のふとした瞬間に、母の中に祖母の面影が覗く。

あと20年もしたら、祖母は私の中にも現れてくれるのだろうか?

今からその日を心待ちにしながら、良い歳を重ねていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

あの日、あの時、あの場所で。

先週、ちょっと嬉しかった事があった。

インスタを見ていて、思わず『あっ!』

となったのは、一冊のこの本。

f:id:suwaporin2:20200823080127p:image

この本の投稿者は、なんと【鈴木保奈美さん】

インスタのおすすめで偶然覗いたこの日、  私が大切にしてきた本が取り上げられていた!

保奈美さんも90年代のお洒落バイブルとして、この本の小型版を持っていらっしゃったこと、お知り合いのライブラリでこの本を見つけて、 嬉しさと懐かしさで一晩貸し出してもらわれたことが書き込まれていた。

f:id:suwaporin2:20200823081851j:image

私がこの本を手入れたのも28、9年前?!

どのページも本当に素敵で、うっとりした。

そこそこ高額だったので…

立ち読みで1時間、購入までに2回書店に出掛けた後、絶対に自分に必要な物だから!と意気込んで手に入れた。

そこから90年代の私は、

【バーニーズ ニューヨーク】に通った。

新宿店や横浜店…出張や休暇で東京に行く際は、必ず寄った。当時バーニーズの広告イラストを担当していたフィリップ・デロームの個展に出掛けたり、画集を集めたりもした。

この本のLOOKに憧れて、バーニーズで沢山の 素敵なアイテムに触れた。

保奈美さんのインスタへのコメントには、  フォロワーの方々から、東京ラブストーリーの『リカ』のスタイルを思い出すとも書かれてあった。

小田和正さんの曲に乗り、リカはカンチと出会ったが…私はこの本と、先々まで続く自分のスタイルに出会ったことになる。

30年弱の時間を超えて、SNSでこんな風に共有できるなんて、あの頃には想像も出来なかった。

 

あの日、あの時、あの場所で

巡り合えなかったら…

私のおしゃれの記憶は、こんなに楽しいものではなかったと思う。

人生に関わる一冊、これからも長い付き合いになるだろう。

 

f:id:suwaporin2:20200823182356j:image

f:id:suwaporin2:20200823182623j:image

 

 

 

 

 

 

今年の送り火

今年の送り火、コロナ禍での送り火

どうなる事かと思ったが…いつもより想いの強いお盆だったように感じた。

今年の五山は、火床の数を減らして文字を描く事はせず、絞り込んだ炎での点火となった。

この数年、台風や暴風雨で送り火の心配をしたことはあったが…まさか、こんな風に送るお盆が来るとは。

それでも点火を取りやめなかったのは、京都中の人の願いからだと思う。

 

『お精霊さんは、迷わんと帰れはるやろか…』

ぽそりと、母が呟いた。

京都では、おしょらいさん・おしょうらいさん

と呼ぶ、御先祖様。

鳥居の形をしていない送り火を、感染防止策の通りに、今年はマンションからお山を覗き込んで見送った。 

数年前に母は、母の両親(私の祖父母)が鳥居形の端っこを、手を繋いでくぐっていかはるのが見えたと話していたことがあった。

夜空の向こうに浮かび上がりだした、オレンジの二つの点。手を合わせて静かに念じた。

確かに心もとない気もする慣れない風景…

そう思った瞬間、パシャパシャ・カシャカシャと、ご近所のあちこちからシャッター音が聞こえてきた!

うちと同じで、ベランダや玄関前から遠くお山を眺めたはる。

今年の送り火の意味をみんなが理解している。

 

今年だけの送り火を、色んな思いでシャッターを切った。

 

f:id:suwaporin2:20200816232657j:image

 

いちじくのジャム

蝉大合唱の快晴日。

一昨日は、母の通院日だった。

母が薬局でお薬の処方を待つ間、『ある物』を探しに、私はいつものお店へ。

f:id:suwaporin2:20200810080744j:image

そう、これ!  " いちじく "

そろそろ旬かと、待っていた。

そのまま食べても美味しいが…我が家では、

ジャムを作る。

いちご、さくらんぼ、いちじく、りんご。

年間を通して、旬の果物での季節仕事。

意外に思われるかもしれないが…

京都産のいちじくは生産量もあり、質も上々。

お店で買うだけでなく・昔からご近所のお宅や公園でも、いちじくの木をよく見かけた。

お盆といちじく。

地蔵盆のお供物にも、いちじくは欠かせない。

今年はコロナ禍で、春のジャム作りは頓挫。  それだけに心待ちにしていた。

質と量と納得価格!病院の近くに望み通りの ものが揃うお店を発見してから、通院の際の 楽しみにしている。

ジャムは40分もあれば、簡単にできる。

いちじくの皮を丁寧に取り除き、小さく   カット。白ワインとグラニュー糖で煮詰める。

今回のワインは、甲州産のシャルドネ

仕上げには、レモン汁を加える。

f:id:suwaporin2:20200810184726j:image

木べらで混ぜながら煮詰めている隣で、    出来上がったジャムを入れる瓶を煮沸消毒。

熱々のジャムをすくって、味見をしたら完了だ。

 

毎年の季節仕事が出来たこと。

当たり前のように明日が来て、ジャムを付けた パンをほうばれること。

感謝と幸せを感じながら、瓶の蓋をしっかりと閉めた。

 

f:id:suwaporin2:20200810193931j:image