あてなるもの

大人京都人視点日々色々

祇園祭のサプライズ

沢山の人に見守られ、つつがなく後祭・還幸祭が終わった。

3年ぶりの祇園祭…お祭りの意味を改めて理解したように思う。

ちょっとほっこりしていると、意外なニュースが飛び込んで来た。

5月のブログで、職場の若手ちゃんに私の浴衣を貰ってもらったことを書いたが…なんと、その彼女が【京都新聞】に載ってしまった!

浴衣をとても気に入ってくれた彼女。

実は彼女のお家はお着物関連のお仕事で、196年ぶりに復活した『鷹山』界隈に暮らしている。

お祭でその浴衣を着ることをとても楽しみに、6月からいそいそしていた。

そして、7月。

祇園祭の最中、何回着るのん?というくらい、浴衣を愛用。わざわざ朝イチで売場にも見せに来てくれ、ご家族からもご近所さんからも、消防団のおっちゃんからも、大絶賛!と嬉しい報告を受けた。

その浴衣姿が、【京都新聞】に載った!と画像を送ってくれた。鷹山の曳き初めの取材の際に撮られたものらしい。

f:id:suwaporin2:20220726103553j:image

新聞に載った途端、離れて暮らしているお祖母様から連絡が入り、お父様が新聞を買いに走られたり、彼女の周りは大興奮だったそうだ。

こんな楽しいお祭りになったのは、全て私のおかげだと、とても感謝してもらえた。

新聞はこの先もずっと残る…

私としても自分の"見立て"と彼女に譲ったことへの評価をもらえたようで、テンションが上がった!

世の中、思いがけない事が起こるものだ。

粋好みの私とは、着こなしも添える小物も全く違うが…彼女にとっては、この夏の自慢の一着になったよう。

浴衣がもたらしたサプライズ。

だから、おしゃれはやめられない!

f:id:suwaporin2:20220726140623j:image

 

 

絢爛と荘厳と…

三年ぶりの祇園祭

朝は出勤前にちょうど『長刀鉾』と遭遇!!

こんなんやった??と思うほど、巡行スピードが速くて、ちょっとびっくりした。

グングン動く鉾の中、"お稚児さん"の太平の舞も、しっかりと確認。見物客から拍手喝采!!

今年のお稚児さんは、ご自身がコロナ感染経験者とのことで、疫病退散を強い気持ちで願いながら、舞って下さるとのこと…間近で舞を見られ、朝からありがたい事ばかりだった。

f:id:suwaporin2:20220717225228j:imagef:id:suwaporin2:20220717230211j:imagef:id:suwaporin2:20220717225725j:imagef:id:suwaporin2:20220717225706j:image

仕事を終えて、帰り道。

今度は神幸祭の神輿渡御!

中御座、東御座の神様もお渡りになるが…

私が遭遇した御神輿は、西御座の【八柱御子神様】

f:id:suwaporin2:20220717233305j:imagef:id:suwaporin2:20220717233407j:imagef:id:suwaporin2:20220717233418j:image

圧巻の"錦"の文字。担ぎ手は、錦神輿会の皆様。

日常と非日常が重なる不思議な瞬間。

 

山鉾巡行で清められた町中を、八坂神社の神様がお渡りになる厳かな時間だ。

 

三年ぶりの祇園祭

元気でこうして立ち会えたことに、感謝と祈りを込める。

次は後祭。

お出ましになられた神様が、神社にお帰りになるために、山鉾が巡行して還幸祭を迎える。

私達のお祭りは、まだまだ続く…

お天気にも恵まれて、後祭もどうか無事に執り行われますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イノダで、おめざ。

暑い!暑い! 行き倒れる!

梅雨入り後の蒸し暑さにやられ、6月のブログも進まず月末に…。

最短の梅雨明けで、京都にも前倒しの猛暑がやって来た!! 

午前10時半。

出勤前、イノダコーヒーで、ひと涼み。

私の働く百貨店は河原町だが、烏丸地下のこのお店は昔からの憩いの場。

若い頃、この店内には知り合いや上司がよくお茶をしていた。知らない間に、私のお会計まで済まされ、『大人の粋なごちそう』をして頂いたものだった。

そんな思い出に浸りながらの本日のオーダーは…

【ラムロック】とアイスコーヒー。

f:id:suwaporin2:20220630171321j:imagef:id:suwaporin2:20220630171328j:imagef:id:suwaporin2:20220630171338j:image

 

大きさは、小ぶりな大福くらい?!

ラム酒が効いている"しっとり"めなケーキ地に薄くチョコレートがコーティングされているお菓子が、ラムロック。

チョコのてっぺんの水滴が涼しさを誘う。

一見重そうに見えるが、程々の食べ応え。

食べ終わった後もラム酒の風味がしばらく続き、暑さでぼんやりした頭もシャッキリする。

夏の手土産にも、喜ばれること請け合いだ。

 

祇園祭は、もう間近。

猛暑・酷暑の毎日は、水無月だけでは乗り切れず。

朝からガツンと【ラムロック】で頑張ろう!!

 

f:id:suwaporin2:20220630205931j:image

 

いざ、受注会へ。

爽やかな薫風に吹かれ、受注会へ出掛けた。

以前からずっと気になっていたブランド

【saqui】(サキ)の22-23秋冬受注会

f:id:suwaporin2:20220523100700j:image

目利きである東京の友人が、数年前に教えてくれたブランド。彼女と一緒に受注会に行く事を計画するも、コロナ禍で頓挫。

3年越しのタイミングで、今回はやっと神戸開催日に私のお休みが重なり、ひとりで行ってみることにした。

saquiのお洋服は、ドラマティック。

素材の良さと考え抜かれたパターンが、着る人に確かな自信を与えてくれる。

シンプルでいながら、ハッとするデザイン。

着心地の良さも抜群で『手放せない一着』になりそうだ。

スカート狙いで伺った受注会だったが、私のオーダーは、パンツを2点。

友人推しの定番パンツと、グレーのカシミヤ混ウールパンツ。

デザイナーの岸山さんと、パタンナーの方にも相談してサイズを決めた。

この日岸山さんがお召しのイエローのプルオーバーがすてきだったので、グレーのパンツを合わせてみた。

お二人ともとても気さくにお話しをして下さり、楽しい時間はあっという間に過ぎた。

『これで、安心して秋冬を迎えられます!』

御礼とご挨拶を済ませ会場を後に。

 

"大奮発"をした後の、京都人のおきまりの呪文。

『はーっ、明日からは、お茶漬けやわ!』

心の中で呟きながら、商品の出来上がりまでの節約生活を胸に刻んだ。

何を着て、どんな人生を歩むのかは、人それぞれ。

10年、一生、

おばあちゃんになるまで着続けよう!

そんな風に思えるオーダーができたことに、

大満足の一日だった。

 

f:id:suwaporin2:20220523185450j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エールを込めて

新緑眩しい5月。

西も東も、 

見えるお山は若葉が混ざり、輪郭も冴えてきた。

ゴールデンウィークを過ぎると、涼やかな鴨川や貴船の川床、ぼちぼち祇園祭の事を考えだす。

あとは水無月を食べたら、京都の夏がやって来る。

"プレ衣替え"と、クローゼットを整理していると『浴衣』がでてきた!

確か一度着ただけ…クリーニングの袋のまま引き出しに、ずっと眠っていた。

ひょっこり出てきた、お姉さん時代の浴衣。

この浴衣を仕立てた頃から、酷暑と呼ばれる暑さに変わった気がする。

まだまだ着られる浴衣だが、色も柄も今の私には映えそうにない。

さてさて、どうしようか?と考えた結果、

以前『ワタシ文庫』に登場した職場のスタッフに貰ってもらう事になった。

若い頃の私と似たサイズの彼女。

少し前にフラットパンプスも貰ってもらった。

サイズやデザインが合うか?合わないか?

彼女に託したのは、我ながらナイス見立て!だと思う。本人も気付いていなかった自分のおしゃれの『伸びしろ』を見つけて、とても喜んでくれた。

仕事の事・社会人としての気配りなど、上手くいかず行き詰まっている彼女への、私なりのエール。

浴衣の柄の竹のように、まっすぐに力強く伸びていきますように☆

 

f:id:suwaporin2:20220518103714j:imagef:id:suwaporin2:20220518142931j:imagef:id:suwaporin2:20220518143144j:image

 

 

 

 

そうそう、リュックのこと!

先日のブログを見て、

『リュック? ほんまに?!』

『リュック、珍しいね!』というメッセージが友人達から続いた。

そう。ほんまです、リュック。

それも、去年の冬からリュック愛用中。

きっかけは、持病の逆流性食道炎の回復にもリュックは効果があると聞いた事から。

バッグの"斜め掛け"スタイルをすることはあっても、リュックからはかなり遠ざかっていた私。

学生時代以来かも。

普段の服装に合う・大人な私が常に持つ納得いくリュックがあるのか?…ちょっとモヤモヤしていたら、こんなリュックに巡り会えた!

f:id:suwaporin2:20220507205300j:image

カール・ラガーフェルド】の子供用リュック。

かつて私は、カールがデザイナーだったブランドに勤務していた。

彼の描く世界観や美意識に触れるたび、程よい緊張感と高揚感を持ちながら売場に立っていた。

モード好きな人が見たら、プププと笑ってしまうような仕掛けが、このリュックにはたくさんある。

表も中も、カールだらけ仕様。

Kの文字にカール。

f:id:suwaporin2:20220507205959j:image

裏地にも、カールの大群!総柄カール。

f:id:suwaporin2:20220507210058j:imagef:id:suwaporin2:20220508101935j:image

カール軍団をピンクゴールドのロゴや金具が

上手くまとめている。

イエローゴールドではなく・ピンクゴールドというのが、ミソだと思う。

カールと、あのブランドの厳しさを思い出しつつ、リュックを背負う。

私の背筋はかなり伸びているはずだ。

大きさも、ちょうどいい小ぶりサイズ。

混雑した乗り物で、前抱えにしても身体の幅にきちんと収まる。

リュックを背負って、階段も楽々。

以前は右足のむくみが酷かったが、リュックにしてからは、全くない。

身体の歪みが解消されたのかもしれない。

 

ユーモアと機能を兼ね備えたリュックで、

気持ちも身体も、すこぶる軽やか!

リュック、おすすめです。

 

f:id:suwaporin2:20220508102312j:image