あてなるもの

大人京都人視点日々色々

心にちいさな輝きを。

京都に異動して1ヶ月半。

再度の緊急事態宣言発出。

私の働いている百貨店も休業となってしまった。

生活のリズムが出来て、仕事も軌道に乗り始めていた矢先の当面休業。

五日が過ぎたが、" 時差ボケ "のような感覚だ。

大阪の感染者数を見ては、ため息が続く。

毎日コロナのニュースを見ながら、友人やお世話になった人達の無事を願う。

去年はマスクや除菌グッズを探す使命感で乗り切れたが、今年はとにかく落ち着かない。

気持ちのモヤモヤを切り替えるため、思い付いたのは…ダイヤモンド。

デニムにパーカーの普段着にも、ダイヤを組み合わせて、コンビニへ。

手抜きコーデも、大人の着こなしに。

ちょっとだけ気分良く。

遡る事、2ヶ月前。

私はダイヤのピアスを新調した。

アクセサリーはパール×ゴールドが定番だったが…ダイヤモンドの清らかさ・硬さ、全ては跳ね返すような力強さが今の気分にぴったりだった。

コロナ疲れか?魔除けの意味か?

これまで頑張った自分へのご褒美か?

とにかく色々な理由をくっつけて、粒感のある大きさのピアスを新調した。

限られた予算に収めるため、大きさを優先したので、輝きというよりも照り?!という方が、しっくりくるピアス。

ジュエリーというよりも、ラフダイヤのような鉱物感がしっかり感じられるのも、今の私の着こなしにも合っている気がして決めた。

一日の終わり、ピアスの手入れをして片付ける。

ダイヤは油分に弱いので、皮脂やお化粧品の汚れが残らないよう、クロスで拭きとる。

愛用の10倍ルーペで、夜な夜なダイヤをじっくりと観察、心癒される儀式。

何億年も掛け、じっと我慢に我慢を重ねて生まれてきたダイヤモンド。

ちいさな輝きを覗き込み、コロナになんか負けるか!と、今夜もダイヤを磨きましょ。

 

f:id:suwaporin2:20210501003241j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布は、口ほど物を言う

今日、新しいお財布をおろした。

2021年3月31日は、暦の上では最強日!

お財布を新調したり、契約ごとや引っ越し等には、もってこいの日。

今から12年前、ラグジュアリーブランドで働くようなって、そんな日が存在する事をお客様から教えて頂いた。

『人の上に立つ者は、財布にも気を使え!』

経営者クラスの方々こそ、お財布というもののありようには敏感で、沢山の事を学ばせて頂いた。

私には7年ぶりの新しいお財布。

前のお財布は、黒のカーフにゴールドの金具がついたクラッチバッグ風で、一目惚れで買ったもの。

苦楽を共にし、愛着というよりも感謝だろう。

こんなに働いて貰って、ありがとうね!と気持ちを込めてピカピカに磨いて、箱に片付けた。

身の回りの物を新しくする事には、気持ちをリセットする効能がある。

『ここから』新しいスタートを切るのだと、この先の自分の毎日に期待を抱ける!

ちょっとした事だし、誰にでも出来る仕切り直しの儀式かもしれない。

52歳になり人生のステージが違ってきた感じがすること、京都に戻ってちょっと楽しい予感がしている今の心境をイメージして、選んだのが…

【AIGNER】の萌黄色の長財布。

今回は仏ブランドも伊ブランドでもなく、珍しく独ブランド。AIGNERといえば、ちょっと前まではボルドーカラーで渋い処という印象だったが、選んだお財布にはこれまでになかった軽やかな"Neo感"があり、今の気分だった。

浮つき過ぎず、それなりの品もある。

Aのロゴが馬蹄の形に見えるラッキーモチーフ付。内側にもこのロゴがびっしりのプリント生地が貼られてる。凝った作りの割には、価格も抑え気味。

我ながら、よくぞ見つけた!と悦に入った。

『まぁ、これでいいか…』ではなく、

『これがいい!』『これが自分だ』と思える

買物は、後々もきっと幸せを呼ぶ。

2021年の春財布。

自分の中に、これから何かが芽吹く事を楽しみに、大切に使いたい。

 

f:id:suwaporin2:20210331221503j:image

 

 

 

 

 

夢ミル喫茶店

京都も桜の頃となった。

今年の開花は、観測史上最も早いらしい。

今週末から来週には見頃を迎えるとのこと。

通勤用の市バス定期があるので、今年は市内どこへでも好きなだけ出掛けられる。

一定の距離を満たしていれば、停留所間定期券の金額と【市内中心フリー】定期券の金額は同じだそうで、勧められるまま、フリー定期にしてみた。

"京都に帰って、どう?"と聞かれると、

『フランクフルトから帰ったハイジの気分!』  と、答える。

スーッと碁盤の目に通った道の果てに、薄雲が掛かる山々。バスが角を曲がり、連続した信号機が灯っていく様子すら、きれいに見える。

日常のなんでもない風景に、心の底から安らぎ 『きれいな街やわ』と、当初はちょっと泣けてきそうにもなった。(老ハイジなのだろう)

難波に通っていた時間帯に出掛ければ、朝からゆっくりお茶もできる!と張り切っていたが、コロナ感染予防で、まだ控え中。

そんな時、バス停近くの大垣書店さんで、素敵な物を見つけた。

f:id:suwaporin2:20210323080241j:imagef:id:suwaporin2:20210323080303j:imagef:id:suwaporin2:20210323080619j:imagef:id:suwaporin2:20210323080638j:image

【夢ミル京都喫茶巡り】と書かれた、京都老舗喫茶店とのコラボステーショナリー

寺町のスマートコーヒー、河原町六曜社、

木屋町のソワレ! 

京都の喫茶文化を担うお馴染みのお店達。

堂々のラインナップは、まさに夢ミルようだ。

茶店の異業種進出…コラボを企画した人もすごいし、名店のチャレンジもすごい!

この街のたくましさと革新を、思いも寄らぬ場所で感じた。

リアルなお茶は先なれど…

定期を持って縦横無尽に市内を巡る。

夢ミル喫茶巡りを今から楽しみに、以前の写真を眺めてみた。

 

 

f:id:suwaporin2:20210323082549j:image
f:id:suwaporin2:20210324081323j:image  
f:id:suwaporin2:20210324082439j:image



 

 

 

 

 

愛しのお餅と京の味

京都に異動して、数日が経った。

通勤時間が40分になり、安心感に包まれて一日を過ごす。生活のリズムも体調も、嘘みたいに楽になった。普通の暮らしの『幸せ』に浸っていると、すてきな贈り物が届いた!

贈り主は例の新幹線のグッズを送った友人。 荷物を開けると…かわいいお手紙を発見。  私の『小さなお友達』が一生懸命書いてくれたお礼状。5歳と3歳、こんなに上手に書けるのか?!と、その成長に驚いた。

お手紙を何回も読み返し、やっと梱包材を外しすと…なんと、私の尊敬する【あの方】作の、お餅とポン菓子が入っていた!!

神戸のJAや道の駅でしか買えない、ある生産者の方のもので、私はこの方のお餅に目がない!

杵つきのお餅だけあってコシや伸びはもちろんきめの細かい口当たりとほのかな甘み。

そもそものお米が丹精に作られている事がわかる『真のお餅』と言える。

親戚が農家だったので、お餅やお米・おかきの類に、私はちょっとうるさい。

妥協のない仕事への拘りに加えて、真心がこもってないと、こんなに美味しいお餅は絶対に作れない事をよく知っている。

昔、宗教に熱心だった職場の先輩が、百貨店の社員食堂のごはんに手をかざし『このごはんには、真(まこと)がこもっていない!』と、憤慨していたのをよく覚えている。30円提供のごはんに真がこもってたら、そら、すごいわ!と心の中で、ツッコんだものだった。

あの時の先輩の例えを使うとは思わなかったが…このお餅こそ、私にとっては真(まこと)が こもったものだと実感できる。

久々に愛しいお餅に再会し、たまたまこの日が休日だったこともあり、お昼はお雑煮を作る事にした。

京都に帰ってゆっくりした頃、今年はもう一回お雑煮を食べてみたいと、お正月から白味噌もストックしておいた。

お出汁をひいて、頭芋・お大根を用意。    金時人参はわざわざ買うこともないかと省略。

少しお行儀は悪いが…お餅を三つも入れたので、お椀が溢れそうになった。

その上から、さらに鰹節。

はーー。

五臓六腑に染み渡る"home "の味。

最高のお餅とのコラボお雑煮。

改めて京都へ帰って来た嬉しさを噛みしめた。

f:id:suwaporin2:20210314175205j:imagef:id:suwaporin2:20210314202923j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう、さよなら。

2年半通った難波への遠距離通勤が終わった。

梅田への3年半を入れると、大阪への通勤は、

計6年。

それなりの年数を過ごすと、知らない土地でもそれなりの知り合いができていて、職場関係以外でも、色々な方々に親切にして頂いた。

駅のkioskセブンイレブンのおねえさん。

朝のお茶場:英國屋さんに、駅近のノムラクリーニングさん。コロナ禍でお世話になったドラッグストアの方々も。

最終勤務が近づくにつれ、お別れのご挨拶をしていった。

今さらながら、京都から通っていた事がわかると、一様に驚かれた。

『次は、お休みの日にまた来てくださいね!』

そんな風に声を掛けて頂くと、名残惜しく本当に嬉しかった。

あれこれ考えながら、最終日の段取りを確認。ご挨拶用に用意したお菓子の注文書の控えを見て、ハッとした!!

f:id:suwaporin2:20210302172925j:image

担当者欄のお名前が『祝』さん!!

遠距離通勤を労われ、京都に戻れて良かったね!と祝ってもらっているのか?

えーー!!

さすがは、大阪ミナミ。

〆もオチもこのうえない!

small good things…

思い返せば私の遠距離通勤は、優しく・温かく、クスっと笑える出来事が沢山散りばめられていたかもしれない。

感謝とお別れを込めて、心の中で呟いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今しかできない買物

難波通勤も残すところ、あと一週間。

『今しかできないこと』を考えていると、

楽しいプランが浮かんだ!

きっかけは、こんな事から。

先日、JRの遅延をショートカットするために 乗った新幹線が、最新系N700sだった。

慌てて乗り込み、最初は全く気付かなかったが…内装の違いに目が止まり、トイレを覗くとはっきりと違いがわかった。

モダン&ラグジュアリー…近頃の列車の進化は、ホテルか!と思うくらい優れている。

降りしなにパーサーの方にN700sの魅力を尋ねると、最新系のおすすめを教えて頂いた。

その中から、あるギフトを思いついた。

それがこちら。

f:id:suwaporin2:20210213215639j:image

車内で販売されている【新幹線グッズ】

マスクやお菓子、文具セットに絆創膏。

最近新幹線に夢中だという、私の"ちいさな お友達 "兄妹に、ピッタリだと買ってみた。

2000円以下で、充実のラインナップ。

男の子のいるご家庭への手土産にも最適!

通勤定期があるため、870円の特急料金だけで 新幹線には乗れる。それでもこれまでは、遅延にイライラ・朝から疲れきって乗っていた。

何十回も使った新幹線。

やっと気持ちに余裕ができた今だからこそ、  思い付いた買物だった。

グッズの中から、自分用にも一つ選んでみた。

【アイスクリーム・スプーン】600円也。

f:id:suwaporin2:20210214100016j:image

遠距離通勤が終わった後、このスプーンで  ゆっくりとアイスを楽しみたいと思う。

 

f:id:suwaporin2:20210213223552j:image